2012年02月16日

映画「無言歌」

ワン・ビン(王兵)監督の映画「無言歌」を業務試写会で拝見しました。

舞台は1960年の中国西部。ゴビ砂漠の収容所。右派とされた人々の苦難を語った映画です。

目を背けたくなるような場面が多々あり、悲しい歴史を見せつけられた感じ。日本が高度成長期の頃、こんなことが人が人として扱われない場所、究極な状況で、人は生きようとするのです。

平和や、食べ物が食べられること、愛する人が側で元気に過ごしてること、当たり前に感じることが、幸せだと改めて感じられる作品です。

2/19(日)公開

ツィッターをはじめましたこのリンクを開いてツイッターでtsukajunkoをフォローしてくださいませhttp://twtr.jp/user/tsukajunko/follow

読んでくれてありがとう
ワンクリックお願いします
人気blogランキングへ





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
映画「無言歌」
    コメント(0)