2010年09月06日

インドについて

週末にしっかり仕事をし、日本の生活に社会復帰しました

帰国した日は興奮気味、翌日は気持ちが追い付かず疲労気味だったけど、ようやく落ち着きました。

デリーの町外れの夜明けは、通りにズラ〜っと人が寝ていて、まず圧倒駅に着いたら、列車待ちの人がホームにズラ〜っと寝ていてまたびっくり列車が当たり前に一時間ほど遅れたり、線路にチョロチョロ鼠が走り回ってたり、とにかく驚きの連続タージ・マハルやガンジス川のある田舎に行けば、牛や馬やロバ、犬、猿、リス等探さなくてもいるし、立ちショ○、野当たり前

帰国してシャワーのお湯が勢いよく出たり、トイレに紙があったり、街にゴミがなかったり、清潔で、今まで当たり前に感じていた事が、とても有難い

人間はどんな環境でも生きられる。今回の旅で痛感しました。せっかく、整った環境に生きてるんだから、もっとしっかり生活しなきゃって。

あと、決めたこと仕事柄、先をよんだり、場を仕切ったりしなきゃいけなくて、プライベートでもそんな傾向にあった私だけど、もう止めました。今まで家族にも「順は、気を使い過ぎだよ。休まる時ないでしょ。」と言われていたんだけど、それは私の性分と思ってたの。でも、プライベートでは、もう止めました。本当の私は仕切ったりするタイプじゃない

知らずにまとってきた余計なものを引き算していく事を知りました。

私自身のこと、部屋の中、引き算してシンプルに生きることにしました

ガンジス川ですれ違い様に「イキルコトハ ムズカシイ」とインド人青年がつぶやいてて、ギョッとしたけど…(ガンジス川でそう呟く日本人が多いんでしょうね)私はそうは思わない。難しいと思ったら深い溝に入っちゃう。
「イキルコトハ ラクナコトバカリジャナイケド タノシイ」

あ!今日の河北新報夕刊にエッセーが掲載になるのでよかったら読んでみて下さいませ。

読んでくれてありがとう!
ワンクリックお願いしますface01
人気blogランキングへ




この記事へのコメント
私も行ってきました。
今回、いろいろ回るのにみんなでタクシーを安くチャーターしたのですが、その運転手のお兄さんがすごく聡明ないい方でほんとに効率よくいろいろ行けました。私達のワガママにも嫌な顔せずに応じてくれてほんとインド人のイメージがかわりましたね
Posted by さくら。 at 2010年09月13日 10:14
さくら。ちゃん
お帰りなさ〜い!
さくら。ちゃんのインド話聞きたい☆
ブログにアップして〜!仙台にお帰りの際には連絡頂戴ね♪
Posted by 塚ジュン at 2010年09月13日 13:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
インドについて
    コメント(2)