2009年03月08日

世界がもし100人の村だったら

ユニセフからのお便りが届きました。「ユニセフ・マンスリーサポートプログラム」月々1000円でも子供の命を守る抗生物質5日間分を年間410人分、又は脱水症状を和らげる経口補水塩2051袋を届けることができる。月々2000円、3000円…有効な使い道があるのです。何かしなくちゃ!!

と思っていたところに。
この番組。泣きながら観てました。さっきからチャリティーの電話をしてるけどずっとこんでて繋がらない。

世界には、義務教育すら受けられない子供達がいる。親を喜ばせる為に、家族を養う為に働いてる小さな子供がいる。将来の夢をおっきく持つことも知らないなんて…

なんとか、この子達がちゃんと学校に行けるような、自立出来るような、お手伝いができるといいんだけど。

一人の力は小さいけど、皆なら大きな力になるはず。迷わず実行しよう!お金や苦しみ、分かち合えたらいいですね。

先日読んだ、ガネーシャの課題にも、腹八分目や、募金があったし!!

読んでくれてありがとう!
ワンクリックお願いしますface01
人気blogランキングへ




この記事へのコメント
順子さん、本当にその通り、同感です。
私も小さな事ですがチャリティコンサートを聴きに行ったり歌ったりしてます。
自分の好きなことをしてその資金で1人でも多くの人が救われるなら嬉しい事ですよね。
Posted by nao at 2009年03月08日 21:31
naoちゃん
naoちゃんはチャリティーコンサートに行ってることの他に
美しい歌声で人を救っていると思うよ!!
Posted by 塚ジュン塚ジュン at 2009年03月10日 00:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界がもし100人の村だったら
    コメント(2)