2008年05月27日

ご葬儀

友人のお母様がお亡くなりになり、ご葬儀で弔電をアナウンスする役を仰せつかりました。

入院中、お見舞いに行った時は言葉もしっかりしていたのに…数日後に旅立たれました。CさんKさん夫妻はとにかく毎日お見舞いに行ってたのも知ってるし、お母様が私の母と年齢も近いし、他人事に思えず…心を込めて弔電を読み上げました。

葬儀に関して無知な私に丁寧に御指導下さった会場のOさんの(共通の知り合いがいて尚更話がスムーズでした!仙台は狭いわ!)お陰でなんとか役目を果たすことができました。

こうやって愛されてお見送りしていただけるって幸せですね。

私はどうやって旅立つんだろう…これからの心掛け、生き方次第ですね。

駆け足で会場を後にし、前から予定されていたスタジオへ向かうタクシーからパチリ。銀杏並木が青々と元気よく育ってます。旅立たちにふさわしい晴天でした。

読んでくれてありがとう!
ワンクリックお願いしますface01
人気blogランキングへ




この記事へのコメント
塚田嬢の弔電を読み上げる声は本当に心がこもっていて涙が止まりませんでした。
Cさんの最後の挨拶も大切な母上に送る素敵なものでしたね。
ここでも号泣(;_;)
こんな風に表現するのはいけないのかもしれないけど、あんなに楽しい素敵なお通やと告別式は経験した事がありません。
明るくて豪快でお酒が大好きでいらした母上のお人柄がよくわかります。
改めてご冥福をお祈りしたいと思います。
Posted by ぢゅりあーの at 2008年05月27日 10:22
ぢゅりあーのちゃん
お手伝い、お疲れさまでした。
私も同感!!
実はこのタクシーの中でも、すがすがしい気持ちさえおぼえてたの。
一生懸命生きるってこういうことって、わかったというか、、、
お母様も、Cさん達も!!
Posted by 塚ジュン塚ジュン at 2008年05月27日 11:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ご葬儀
    コメント(2)