2014年01月18日

今年最初に読み終わった本

元々、東野圭吾は大好きなんだけど、しばらーく読んでませんでした。

でも、今年は久しぶりに、読書もしようと、思い立ち、2014年最初に読み終わったのが、こちら♪

東野圭吾の「眠りの幕が下りる時」

相変わらずどんよりしてて、日が当たらない所を、フィーチャーしてるポイントが惹きつけられる!!この作品は仙台が舞台になってる部分もあるので、仙台在住の私にとっては、ふむふむ、あの辺ね!と思うところもあり。分厚い本なのに面白くてサクサク読めました。

なるほど、最後はこうだったのねー!!関心しながら読み切って、母に得意になって説明しててら、サスペンスドラマを欠かさず見てる彼女にはすぐに犯人を当てられてしまいました(>人<;)

さぁ!読みたい本がまだまだあるので、次に進みます♪





iPhoneから送信



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今年最初に読み終わった本
    コメント(0)