2013年03月08日

読書

薄暗い店内に、ほのかなランプの灯り。店内には可愛い猫ちゃんの置物。猫好きなママさんのbarです。

ママさんからお借りした本、沼田まほかるの「猫鳴り」を読んでます。

あと少しで読み終わるのですが、、、
涙、涙、、、
飼い猫との最期、私はどうやって迎えるんだろう。

考えたくないけど、必ずお別れはくるからね。

まだ三年足らずで、こんなに私を夢中にさせてるボーノ。20歳以上を目標に、共に過ごしているんだけど、お付き合いが長くなるほど、どんどん大好きになってるから、彼が天国にいっちゃったら、どうにかなりそう。

だから、後悔ないように、猫バカと言われようが、抱っこして撫で撫でして、イチャイチャして、仲良く過ごしていきたい。

あと数ページ、号泣だな。










iPhoneから送信



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
読書
    コメント(0)