2012年06月16日

ふるえる葦

時代の音 レクチャーコンサート・シリーズ ふるえる葦〜バロック・オーボエの魅力〜@東北学院大学 泉キャンパス礼拝堂に行ってきました

バロック・オーボエの名手、三宮正満氏はつい最近ヨーロッパツアーから帰国したばかり。仙台でその演奏が聴けるなんて貴重でした

オーボエの歴史やデザイン、音色の違いを教えていただき、素敵な演奏を聴かせていただきました

オーボエの音ってこういう音なんだ今までわからずにきいてました。人間の声にも似たような、温かな音色、伸びやかな音色に感動しました

学院大学の礼拝堂のステンドグラスの色合いが時間によって変化するのを眺めながら、どっぷりと良い音楽にひたり、心の浄化ができました

明日、まっさらな気持ちでお仕事頑張れそう

ご案内してくれたNちゃん、ご一緒してくれたSさんに感謝です

学院大学でのこのコンサートは今年の秋11/10、来年2/9もあるので、三宮さんのオーボエを聴くチャンスがありますよオススメです



この記事へのコメント
順子さん
昨夜は三宮氏の音色とオーラに魅了されたひとときを
ご一緒させて頂き光栄に思います。
コンサートを案内をしてくれたNさんありがとう。

それと番外編も美味しく嬉しいご縁でした。
全てに感謝です。
Posted by Sさん at 2012年06月17日 12:06
順子さん、Sさん、美しい音色にうっとりでしたね♪お二人とご一緒できてさらに充実した一時になりました。感謝です。
Posted by nao at 2012年06月17日 18:43
Sさん
良い音楽に美味しいお食事、そして出会い、
素敵な一日でしたね!!
これからも宜しくお願いします♪

naoちゃん
アテンド、お疲れ様でした。
今度はもう少し時間に余裕があると良いね!
来月もお待ちしています☆
Posted by 塚ジュン塚ジュン at 2012年06月20日 23:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ふるえる葦
    コメント(3)