2009年01月28日

小さき者へ

重松清の「小さき者へ」を読んでます。

親子の関わりを描いた短編集。子供だった頃を思い出しながら読んでます。

確かに親子って単純なようでいて複雑。複雑なようでいて簡単。

私は今でも反抗期を感じる時があるもの…親子だからこそ言ってしまうこともあるし…「老いては子に従え」と心で思うけど決して言えない。家庭でも社会でも年長者を尊重していればまず間違いはないと思うから。

読んでくれてありがとう!
ワンクリックお願いしますface01
人気blogランキングへ




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小さき者へ
    コメント(0)