スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年04月04日

五木寛之さん

「慈のこころ悲のこころ」というテーマでお話を伺いました。

慈→プラス、ポジティブ、明るい
悲→マイナス、ネガティブ、慰め、何も言わない

こんな風に理解出来るらしい。ここ数十年求められてきたのは慈。でも悲も大事で両方のバランスが取れてこそ生命が活性化するのだと。

悲しくて、泣いても、嘆いても、叫んでもいい。そうすることで悲しみを認めて、乗り越えられるのだと。泣くことは恥ずかしくない。ため息おおいに結構!
五木さんのお話にホッとした方も多かったはず。

人を励ます時にも、慈より、悲がいい時もある。ただ側にいて黙って話を聞き、手を握る方が良いときも。そしてその人の苦しみ悲しみはその人だけのもの。誰かと分かつ事は出来ないと。

なるほど、自分に課せられた苦しみ悲しみはやはり、自分で乗り越えなきゃいけないのね。その為にも声あげて泣いて愚痴って解消していくんだ。愚痴を聞いてくれる家族や友人には感謝しないと!

打ち明ける人がいなかったら悲しい歌を聴いて歌って泣くといいそうです。

読んでくれてありがとう!
ワンクリックお願いしますface01
人気blogランキングへ  
タグ :五木寛之


Posted by 塚ジュン at 18:39Comments(6)