スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2007年02月04日

旅の終りに



今回の旅の仲間はフリーアナウンサーの黒田弘子さん(左)と馬場由美子さん(右)。(このグループはホントはもっとメンバーがいるんだけど、諸事情により今回は三人旅)このメンバーと旅をして、かれこれ何年になるだろう。毎年様々な場所に出かけること十何回、今回の旅で、皆勤賞は私だけになってしまいました。

仕事仲間であると共にライバルでもあり、姉妹のようでもあり、私にとっては大切な存在。周りからはライバルなはずなのに、変だ!オカシイ!!と言われているようだけど20年近くこうしているので皆も理解してくれたみたい。(年下のDJに、そんなの偽善者!的に言われた事もあるんだけど、むしろ、腹を割って話せる友人がいないなんて可哀想、、、)

このメンバーとの旅行は気心が知れてるので、本当に楽。こなれた仲間なのに、毎回、新鮮で楽しい!!一度も喧嘩がないのも不思議です。今回も本当にありがとう。二人のお陰で又素敵な経験が出来ました。

今回紹介した他にも、フィリピンのスィーツ、ウベ(紫芋)ケーキやハロハロ(小豆入りパフェ、みたいなもの)とかまだまだお見せしたいしたい写真がいっぱいあるよ〜。いつか機会があったらご披露しますね。


今回の旅で、最も嬉しかったプレゼントは、ダイブショップを出る前にインストラクターのダフィー君が恥ずかしそうに私だけに(←これ重要)くれた貝殻!!可愛いでしょ〜。嬉しかったからネックレスか何かにするつもりです。こういうのって日本の殿方には少ない気がする!これ、可愛いから彼女にあげよう!とかさ、、、金額じゃないんだよね。気持ちなのよっ、キモチ!!私達が帰国する日に彼はホテルのロビーにいたのっ!!順子を待って!ではなく、ダイビングツアーに行くために。優しくて爽やかなダフィー君、今日も早朝からダイビングだったのかな。体にだけは気を付けて無理をしないでほしいです。仙台から幸せと健康をお祈りしてるね。

読んでくれてありがとう!
ワンクリックお願いしますface01
人気blogランキングへ  


Posted by 塚ジュン at 21:20Comments(8)

2007年02月04日

ぶっちゃけ暴露話



今回の旅では、始めから終りまで日本人男性の恥ずかしい言動に目をおおいたくなる事ばかりでした、、、

ケース1。行きの機内での出来事。通路を挟んだ4席のオヤジグループがお酒をガンガン飲みながらはしゃいでたんだけど、CAさんが通る度、足どめされてる感じ。日本人CAとフィリピーナCAがそこを通った時に事件が!「お客様!!のちほどおうかがいしますので、客室乗務員にお手を触れませんようにっ!!」日本人CAの声が機内に響きました。最低!!機内をお店と間違えていらっしゃる?!注意後もオヤジ達はちゃかすようにヘラヘラ笑ったり反省の様子なし。

ケース2。それはダイビング中のこと。一緒に潜ったオヤジの手には長い棒が。よくインストラクターや熟練ダイバーが持ってるから気にもとめなかったんだけど、そのオヤジったら、、、、いきなり珊瑚をその棒で突き刺し、持ち上げ振り回し又割って、、多分生き物を探していたんだと思うが。これ又最低!!!息するのを忘れるかと思った!!ダイバー失格!!こ
の珊瑚育つのに何年かかると思ってんのよ!!陸に着いてから他のオヤジが「この人、俺が見てないともっと自然破壊するから〜」「私、全部見てました。一部始終!!!」こんな会話をしてもお構いなしでした。

ケース3。帰りの機内で。早朝のフライトで離陸前からかなりの睡魔が。そんな中後ろからオヤジの聞いてほし気な声が(←オヤジってこれ得意ですよね。)「行きもスーツケースで問題あったけどセブに着いてからも、選んだ女の子傷モノだったし!!」な、なんのお話?傷モノって何?男性だったとか?っつうかアンタ何して来たの???

こんなのは氷山の一角なんでしょうね。日本人女性をイエローキャブ扱いする前に、その親世代が何とかならないものでしょうか。あとCAさんの間では「日本ーフィリピン便には乗りたくない!!」って言われてるよね、きっと。同じ日本人として、ごめんなさい。ホントに人としてもごめんなさい、ですよね。

セブ島のサントニーニョ教会は涙を流しながらお祈りする方が大勢いる地元で愛されている教会。私は「世界平和・平等、そして女性がやりたい仕事が出来る世の中」をお祈りしてきました。

ながーいぶっちゃけ暴露話でしたicon10
ワンクリックお願いしますface01
人気blogランキングへ  


Posted by 塚ジュン at 14:50Comments(13)

2007年02月04日

殿様ダイビング


フィリピンのダイビングは殿様ダイビングと言われています。つまり殿様みたいになんでもやってもらえるってこと。タンクや器材を運ぶのもセッティングもタンクを背負うのも(ランチの準備も)ぜーんぶ!!サイパンなんかよりホントに親切!!

しかも今回のインストラクターはイケメン二人!!彼等は可愛いだけじゃなく、頼りがいがあって、いやらしくない優しさがあるの。長い桟橋を歩いていたら、軽いから苦にならなかったんだけど、私の荷物をヒョイとさりげなく持ってくれたり、きっついシャツ(写真で着ているお水に濡れてもいいタイプのもの)を着るのに奮闘してたら、私の体に触れないよう、シャツを下ろしてくれたり。友人のBちんは隣にいたにも関わらず気が付かないのか寝てたのか、、、彼が無言で手伝ってくれました。寒くない?とか大丈夫?とお声がけいただき、お仕事とはいえそのホスピタリティに感動しました。

優しくされると優しい自分でいられるのよね、、、やっぱりいつも優しい人の側にいるのが幸せだなぁ、
、、

あ!!お話を戻しましょう。殿様ダイビングさせてくれる、フィリピンのダイビング、あまり体力のない方、女性やシルバーダイバーにはオススメですよ。

読んでくれてありがとう!
ワンクリックお願いしますface01
人気blogランキングへ  


Posted by 塚ジュン at 11:33Comments(0)